So-net無料ブログ作成
検索選択

(親父のこと)精密検査を繰り返すが、それでも「敵」がわからないことが…ある。 [健康]

もうずっとフォローしてきている 私の親父の腫瘍マーカー(CEA)の異常値(90台)を受けて、
先週は消化器内科、そして今日は呼吸器内科で精査したが、結局、明確な「敵」は見つからない。
…こんな事もあるんだなぁ…NTT関東病院。


「…その正体が見えた」
って書いたけど…今日のムンテラの結論は…
IMG_1839.JPG



7月初めに、実家近くにある「西台クリニック画像診断センター」でPET検査を受け、その結果を踏まえて、
先週、消化器内科で診断を伺った。
PET検査結果は、
  • 20年前に施術した直腸ガンの跡にFDG集積は見られない。
  • 肺野縦隔にFDG集積が見られる。
  • 要 縦隔の精査。
という内容で、昨日胸部CTを撮って、今日の呼吸器内科でのムンテラとなった。
IMG_1843.JPG

そしたら、呼吸器内科の前に、肺機能検査のオーダーが出て、急遽 生理検査室へ。
親父は、肺機能検査はもう何十年もしていない。
IMG_1844.JPG
検査結果はそのまま電カルに入り、呼吸器内科の診断になった。

PET検査画像、今日撮った胸部CT画像、肺機能検査データ…が診察室のディスプレイに並ぶ。

ドクター「色々と検査が続いて、大変でしたね…」
親父「で、どうですか?」
ドクター「PETの結果、縦隔に集積が見られる という報告で、再度胸部CTを撮ったのがこれですが…」

1年前と今日の胸部CT画像が並ぶ。 どちらも5ミリスライス。
コントラストを変えてページングしながら説明してくれる。

ドクター「PET で集積が見られた部分のリンパ節、昨年と比べると、多少肥大しているのが見えるが、肺の中に腫瘍等は見えない
「先週の消化器内科では、20年前の直腸がんからの縦隔転移かもしれない との説明でしたが、その確率は…かなり低い。」
私「…今回PETで集積が見つかった縦隔が原発…ということにはならないのですか?」
ドクター「…原発かもしれないし、他の部位にできた腫瘍からの転移 かも知れない。 それを判定するには、バイオプシー(生検)が必要なんだけど、肺に転移していれば気管支鏡で取って調べられるが、縦隔のリンパなので、全麻で開胸して採取しなければならなくて、その検査自体がハイリスクとなる」
私「実は親父は膝の外科手術を希望していて、その場合全麻になるので、先週の消化器内科でも、呼吸器内科の先生に聴いて見る必要がある と伺いました。 今の状態で、全麻での外科手術を受けると、それ自体が おとなしくしているガンを活発にするトリガーにはなりませんか?」
ドクター「…100%大丈夫 とは断言できないけど、今までの経過を見る限り、膝の全麻手術がすぐにガンを活性化させる とは言えない。 消化器内科の先生も、その手術によってQOLが上がるのなら、それを止める積極的な理由はない とおっしゃっている。 呼吸器内科としても、今日、肺機能検査もしてみましたが、年齢からみても全く健康な肺機能なので、問題無いと思いますよ!

…腫瘍マーカー自体が、こんなにも異常値を出して警告しているのに原発部位がはっきりせず、
結果的にまた、経過を見ながら…という対処しか取れないのは、何とも歯がゆい。

私「今後の流れは どんな感じになりますか?」

ドクター「…そうですね…この病院には定期的にかかっていらっしゃるので(糖尿予防で2ヶ月に一度ずっと来ている)、それにあわせてお話を伺うようにしましょう。
毎回CTを撮るのも大変ですよね… 今の状態で、胸部単純(いわゆる「胸のレントゲン写真」)を撮っても縦隔の異常は見えないんですが、『異常に肥大してくれば』胸部写真でも影が見える。 なので、血液検査と胸部単純をルーチンにしましょう…」

…まあ、親父としては 念願の「膝のサイボーグ手術」に「Goサイン」が出たようなものなので…
病巣をどこかに抱えているけど、仲良くおとなしくしててね…っていう
今までと同じ対応をせざるを得ないんだなぁ…


nice!(12)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 12

コメント 5

のろ

前回の話の流れで・・・取り敢えず敵を特定して心の備えを~ということになるのかと思いきや・・・。
なんだかまた訳が分からないことになってしまいましたね。
とは言え、急変する様子でもなさそうなので、膝の手術をしてそちらの方で気になる事を片付ける、と言うのもいいと言えばそうなのかも。
(^_^;)
by のろ (2015-08-04 23:10) 

hidechan

のろさん、おはおうございます。
…先週の段階で、ようやく絞り込みができつつあって、きょうはいよいよ…って思っていたのですが、こんな結末もあるんですね。
正常範囲が「5.0未満」という腫瘍マーカーが、90を示していて、エイリアンの映画的に言えば、センサーアラームが最大限に鳴って、レーダーでも足元か頭の上にエイリアンが来ているはずなのに姿が見えない…っていう、正にこんな感じです。
親父本人が至って元気なのが救われます。
このままあと10年位、大人しくしていてくれれば、膝の手術が終わってまた元気にあちこち歩いて、十分元は取った(汗)っていう、そんな「理想的なタイミング」になるのですが…
by hidechan (2015-08-05 09:49) 

mistta

今日は。ご快癒祈ります。
暑さで体調を崩されませんように。
by mistta (2015-08-05 11:07) 

hidechan

misttaさん、お疲れ様です。
…酷暑続きですね…
misttaさんも、こまめに水分補給、ご自愛ください。
by hidechan (2015-08-05 14:53) 

ソニックマイヅル

こんばんは。最近なんですがネットの動画で医療関係をほぼ毎日拝見させて頂いております。只今なんですが、脳関係の福島先生の動画を毎日拝見しています。思います・・・お医者様には自信のある発言、行動!神職ですよね。^^;
by ソニックマイヅル (2015-08-18 22:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。